ががばばのやり方はスマホで検索!できない理由は?

世にも奇妙な物語の画像 ドラマ

☆この記事はこのような人におすすめです。

・「世にも奇妙な物語」の企画『ががばば』のやり方を知りたい。

・『ががばば』ができない理由について知りたい。

・『ががばば』をスマホで検索するとどうなるのかを知りたい。

 

『ががばば』といえば、2015年と2017年の「世にも奇妙な物語」で放送され、「検索してはいけない言葉」としてインターネット上で話題を呼びました。

 

そもそもこの『ががばば』は、「世にも奇妙な物語」の番宣として作られたYahoo!Japanとの合同企画。

 

やり方は、Yahoo!Japan(ヤフー!ジャパン)の検索ボックスに『ががばば』と入力し、検索すると、怖い動画が流れる仕組みになっていました。

 

しかし、残念ながら現在『ががばば』は、できなくなっています。

 

結論から言うと、現在『ががばば』ができないのは、すでに期限切れで終わっているからです。

Sponsored Link

ちなみに、2017年の『ががばば』は、2015年の続編として10月14日の「世にも奇妙な物語’17秋の特別編」で放送。

 

新バージョンとなって復活したのですが、2015年バージョンとでは、やり方が異なっていたのです。

 

というのも、2015年のときは、スマホやパソコンでもYahoo!Japanの検索ボックスに『ががばば』と入力して検索すと、怖い映像が流れていました。

 

一方、2017年バージョンは、スマホで検索すると見れたのですが、パソコンでは見れなくなっていたのです。

 

結局、当時は動画を見るために『ががばば』と打ち込んで検索しても「できない」とか、「何も出ない」という人がけっこういたように思います。

 

できなかった理由は、Yahoo!Japanで検索せず、Googleを使っていた。

 

そうか言葉の打ち間違い、またはパソコンで検索していたかのどれかに当てはまったはずです。

 

そして、動画が閲覧できる期間に関しても、2015年のときは2か月間ほどの間、見ることができました。

 

なので、2017年バージョンも12月ごろまで閲覧できる期間が設けてあったのですが、それ以降は『ががばば』と打ち込んでも何も出なかったのです。

 

そこで今回は、すでに終了してしまった『ががばば2017年バージョン』のやり方を、画像を用いて説明していこうと思います。

Sponsored Link

ががばばのやり方はスマホで検索

そもそも『ががばば』に深い意味はありません。

 

「世にも奇妙な物語」の中で消えてしまった女子高生がノートに書き写していた暗号のような言葉です。

 

行方不明になる最後に『ががばば』と検索したことから、「検索してはいけない言葉」となったのです。

 

なお、2015年に放送された『ががばば』では、行方不明になった女子高生のいじめに関わったグループの中の1人が、『ががばば』という言葉を検索した後、行方不明になりました。

 

その女子高生・外村沙織役を演じていたのは、フジテレビ入社前の久慈暁子アナです。

 

2017年に放送された「世にも奇妙な物語’17 秋の特別編」では、その続きを前後編の2本で放送。

 

物語のあらすじは、2015年に“ががばば”という言葉を検索した後、行方不明になった外村沙織のことを探るため、沙織の友だちだったエリと多香子、謎の刑事らが沙織にうり二つの久慈アナを調査するべくフジテレビを訪問。

 

果たして久慈アナの正体は……ということになっていたのです。

 

そして、『ががばば』のやり方ですが、2015年のときは、スマホでもパソコンからでも『ががばば』と検索すると、映像が流れ、「怖い」とネット上で話題になりました。

 

一方、2017年バージョンのやり方は、2015年と違って、スマホでしか映像が流れないようになっていたのです。

 

そんな『ががばば』のやり方はチョー簡単で、スマホからYahoo!Japanのトップページを開き、検索ボックスに『ががばば』と入力し、検索するだけ。

 

ががばばのやり方の画像

 

すると、「スマホの動きにより、ありえない現象や奇妙な音声が報告されています。 本当に続けますか?」と出てくるので、「続ける」、「無音で続ける」、「やめる」のいずれかを選択。

 

ががばばのやり方の画像

 

その後は、「続ける」か、「無音で続ける」を選択した場合のみ、検索ボックスにいろんな言葉が勝手に出てきて動画がスタートします。

 

ががばばの言葉の画像

ががばばができない理由

『ががばば』の2017年バージョンは、冒頭から説明しているように、スマホでしか恐怖映像を閲覧することができませんでした。

 

スマホでやっているのに「できない」というのは、googleなどYahoo!Japan以外の検索ボックスに入力していたか、言葉の打ち間違いが理由として考えられます。

 

また、映像が流れる期間も決まっていたので、『ががばば』ができないのは、期間が過ぎてしまっていたことになります。

 

ちなみに、『ががばば』の2017年バージョンですが、映像には2通りのパターンがありました。

 

あまり詳しく説明するとネタバレになりますが、ようするに「Android系」のOSと、「iphone」のiOSとでは違うということです。

 

ががばばの女子校生の画像

 

なお、双方の違いはというと、Android系の方は女子高生の映像を一部短縮。

 

iphoneの検索ボックスに出てくる赤文字の「ウシロウシロウシロウシロウシロ・・・」の部分がカットされているのです。

 

ががばばの赤文字画像

 

なぜ、「Android系」と「iphone」で違うバージョンになっているのかは不明ですが、最後に久慈アナが覗き込むところの映像は「Android系」も「iphone」も同じです。

 

ががばばの久慈暁子アナの画像

 

この直後、久慈アナの顔が変わり、恐怖映像となって終了します。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました