となりのトトロ メイの名前が地蔵に?サツキも死んでいた?

となりのトトロの画像 映画

☆この記事は、1988年に公開された宮崎駿監督の名作映画「となりのトトロ」にまつわる都市伝説の真相について知りたい人におすすめです。

・草壁家の長女・サツキと次女のメイは死んでいた説。

・お地蔵さんにメイの名前が書かれている説。

・トトロは死神だったという説や、狭山事件を彷彿させているといった都市伝説についてまとめています。

 

映画「となりのトトロ」は、田舎に引っ越してきた幼い姉妹と、森に住むオバケたちの心のふれあいを描いた作品。

 

本作品に登場するキャラクターの「トトロ」や「ネコバス」、「マックロクロスケ」は現在も愛され続け、ストーリーや歌にと、世代を超えて楽しめる宮崎アニメの大傑作となっています。

 

ただ、「となりのトトロ 」に関しては、これまで「都市伝説」とされているような逸話を度々耳にすることがあります。

 

実際にネッ上では、「となりのトトロ 都市伝説!」と題してWiki風に紹介しているサイトも存在。

 

それらのサイトでは、本作品のエンディング曲である「となりのトトロ」に出てくる歌詞に狭山事件を彷彿させるところがあったり、池に落ちていたサンダルやお地蔵さんにまつわるものなんかを「都市伝説」として紹介しています。

 

そこで今回は、そんな噂が広まるほど注目されてきた映画「となりのトトロ 」にまつわる「都市伝説」の真相に迫ってみました。

Sponsored Link

となりのトトロの都市伝説 メイの名前がお地蔵さんに?

もともと根拠が曖昧なものが広まって「都市伝説」が生まれます。

 

本作でいえば、トトロは死神だったという説。

 

その根拠は、「死期が近い人間や死んだ人間にしかトトロのことが見えないから」とされているからです。

 

しかし、運営側のジブリは噂されているような都市伝説を全面的に否定していますし、宮崎駿監督もトトロを「おばけ」と表現。

 

子供に夢を与える作品なので、決して死神なんかではないようです。

 

ほかにもサツキがメイを探すシーンでお地蔵さんが映るのですが、そのお地蔵さんに「メイ」の名前が書かれていたという説があります。

 

しかし、実際は「メイ」の名前なんかお地蔵さんには書かれていないので、この都市伝説もデマ。

 

結局、お地蔵さんに「メイ」の名前が書かれていたという噂は、メイがお地蔵さんと一緒に座っていたシーンのことを疑問に思った人が、何か意味深なことでもあると思って作ったのでしょう。

Sponsored Link

となりのトトロ メイとサツキは死んでいた?

「となりのトトロ 」にまつわる「都市伝説」に、メイとサツキは死んでいたという説があります。

 

これは、物語の中でサツキとメイの影が消えているようなシーンがあるため、このような都市伝説が誕生しました。

 

しかし、この噂も日没に関係しているシーンなので、影が描かれていないだけ。

 

「サツキとメイが死んで幽霊になったために影が消えた」という都市伝説は否定されているのです。

 

また、同じようにサツキとメイといえば、「物語の序盤からメイにはトトロのことが見えて、サツキには見えていない。」「メイがいなくなった後、サツキがトトロに「妹のところ(死後の世界 )に連れて行って」とお願いすると見えるようになる。」とされています。

 

しかし、この噂も全くのデマ。

 

そもそもサツキは物語の序盤にトトロと出会っていないので、話が矛盾していることになります。

 

ほかにもメイが池で溺れて死んでしまったと解釈する出来事として、池に落ちていたサンダルが、実はメイのものだったという説。

 

この都市伝説に関しては、メイが履いていたサンダルの色、形が全く同じでその後、サツキに発見される場面でメイは片方のサンダルを履いていないとされています。

 

しかし、実際は「メイのじゃない」とサツキが否定していることから、ただの作り話でしかありません。

 

ほかにも「猫バス」が死後の世界に繋がっている恐怖の乗り物だったという説も語られていますが、ジブリ側はこれらを全て否定しています。

となりのトトロの都市伝説 狭山事件はデマ

都市伝説とは、分かりやすくいうところの「噂話」や「作り話」などのことを指してよく使われる言葉です。

 

「となりのトトロ」に関しても多数存在していますが、中にはさすがにこれは悪質だろうというのがあります。

 

それは、1963年、埼玉県狭山市で当時高校1年生の少女が被害に遭った「狭山事件」を題材にして作られた映画だという説。

 

エンディング曲、「となりのトトロ」の一部の歌詞に、この事件を彷彿させる要素が組み込まれていると噂になっているのです。

 

では、一体どの部分の歌詞が狭山事件を彷彿させているのか。

 

その部分とは、となりのトトロの歌詞「誰かがこっそり小路に木の実うずめて・・・」⇒被害少女が隠されていたことを示唆。

 

「森へのパスポート・・・」⇒誘拐直後、被害少女の手帳が遺留品として発見されていることを示唆。

 

「雨降りバス停・・・」⇒事件当日は雨が降っていたことを示唆。

 

本作品に出てくる姉妹の名前の由来が、狭山事件が起きた5月から取って「サツキ」、「メイ(英語でMay)」と名付けたという都市伝説がささやかれているのです。

 

さらに、事件現場の狭山市はトトロの舞台でもあることなどから関連性を指摘。

 

なんか無理やりこじつけた感があるものの、狭山事件を彷彿させているというのです。

 

しかし運営側は狭山事件との関連をかたくなに否定。

 

デマだと主張しているので、あくまで噂ということになります。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました