怪盗グルーのミニオン大脱走の吹替え声優は下手?ボブの登場は?

怪盗グルーのミニオン大脱走の画像 アニメ

☆この記事は、シリーズ3作目となる映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』について知りたい人におすすめです。

・吹替え声優を務めているキャストは誰なのか。

・登場人物(キャラクター)にボブは出てくるのか。

・「下手」とか「ひどい」と酷評されているルーシー役の吹替え声優について。

他にもあらすじなど、気になることを簡単にまとめています。

 

「怪盗グルーシリーズ」の第3作目となる映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、公開から3日間の動員数が60万6000人、興収7億5100万円を記録。

 

シリーズ1作目の『怪盗グルーの月泥棒』と、2作目の映画「怪盗グルーのミニオン危機一発」では、笑福亭鶴瓶がグルー役、芦田愛菜が孤児3姉妹の末っ子・アグネスの日本語吹き替え声優を務めました。

 

そして、『ミニオン大脱走』に至っては、再び「ミニオン危機一発」で下手くそと酷評されたルーシー役・中島美嘉が日本語吹き替え声優を続投しています。

 

そこで今回は、ネタバレになりますが、映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』の吹替え声優や登場人物についてまとめてみました。

Sponsored Link

怪盗グルーのミニオン大脱走の吹き替え声優

シリーズ第3作目となる映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』の吹き替え声優は、1作目からグルーの吹き替え声優を務めてきた笑福亭鶴瓶。

 

さらに3姉妹・アグネスの声優を務めてきた芦田愛菜や、2作目で調査官・ルーシーの吹き替えを務めた中島美嘉が今回の作品でも継続しています。

 

また、『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、なんといっても新キャラたちの吹き替え声優を、新キャストが務めているところに注目。

 

新キャストのバルタザール・ブラット役を松山ケンイチ、生き別れになっていたグルーの双子の兄弟・ドルー役を生瀬勝久。

 

そしてグルーの双子の兄弟のドルー、グルーをクビにする反悪党同盟のボス・ヴァレリー役をいとうあさこが吹き替え声優を担当しました。

 

そんな『怪盗グルーのミニオン大脱走』の日本語吹き替え声優は以下になります。

ミニオン大脱走の日本語吹き替え声優一覧

■グルー/笑福亭鶴瓶

■ドルー/生瀬勝久

■ルーシー/中島美嘉

■アグネス/芦田愛菜

■マーゴ/須藤祐実

■イディス/矢島晶子

■グルーの母/京田尚子

■バルタザール・ブラット/松山ケンイチ

■ヴァレリー/いとうあさこ

■サイラス・ラムズボトム/坂口芳貞

■フリッツ/山寺宏一

■クライヴ/宮野真守

■ニコ/福山潤

■ビーチガール/LiSA

Sponsored Link

怪盗グルーのミニオン大脱走の声優はルーシー役が下手

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、怪盗グルーやアグネス・イディス・マーゴの3姉妹など、おなじみのキャラクターが登場します。

 

また、2作目でおなじみの調査官・ルーシーも登場するわけですが、なんと再び歌手の中島美嘉が吹替え声優を務めています。

 

しかし、なぜ前作であれだけ「下手くそ」と酷評された中島美嘉を再び起用したのか。

 

理由は下記にも書いていますが、中島美嘉は「怪盗グルーのミニオン危機一発」が声優初挑戦でした。

 

怪盗グルーのミニオン危機一発は吹き替え声優がひどいし下手?
☆この記事は、2013年公開のアニメ映画「怪盗グルーのミニオン危機一発」について知りたい人におすすめです。 ・登場人物(キャラクター)の吹替え声優...

 

なので「下手」や「ひどい」と言われたのも仕方がなかったのですが、正直今回の演技も上達していなくて、相変わらず下手だったように思います。

 

一方、同じ吹替え声優初挑戦でも、役者だけに生瀬勝久なんかは上手く演技していたのではないでしょうか。

 

生瀬勝久演じるドルーは超フレンドリーな性格で、グルーの双子の兄弟として登場。

 

普段は標準語を話し、関西弁でおなじみのグルーと比較してもすべてにおいて真逆。

 

劇中でグルーと双子の兄・ドルーが、互いに成りすましてふざけ合うシーンがあるのですが、そこではドルーが関西弁、グルーが標準語となって入れ替わっているのに注目です。

怪盗グルーのミニオン大脱走にボブ出ない?

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、これまで以上にミニオンたちの魅力が大幅にUP。

 

また、新キャラクターとしては、新たなライバルとして怪盗バルタザール・ブラッドが登場したりします。

 

そんな『怪盗グルーのミニオン大脱走』のあらすじは、反悪党同盟をクビになってしまったグルーが、再び悪の道に戻ってきてくれるのではないかと、期待するミニオンたちでした。

 

ところが、期待とは裏腹に「悪の世界からは足を洗った」と言われたことにより、グルーと決別することを決意します。

 

その後、リーダー的存在“メル”を筆頭に、新たなボス探しの旅に出るミニオンに逮捕騒動が巻き起こり、刑務所に服役するハメに。

 

ネタバレになりますが、刑務所のシーンでは、ミニオンがボーダー模様の囚人服に身を包み、悪い顔で指を鳴らしながら登場したり、囚人たちに睨みを利かせて金を巻き上げる様子があります。

 

そこがなんとも言えない愛敬があるところになっています。

 

ミニオンの画像

 

さらに、筋トレを手伝わせるところや列をつくってお尻にバナナのタトゥーを入れている面白かわいいシーンも収録。

 

ミニオンたちに遭遇した途端、速攻で逃げていく囚人たちや、劇中には出ないボブの相棒「くまのぬいぐるみ」も捉えられています。

 

やはりこれは、ボブが出ないためなのか、代わりに相棒である「くまのぬいぐるみ」を登場させたのかも知れません。

 

ボブはもともと、ミニオンたちが怪盗グルーと出会うまでを描いている映画「ミニオンズ」のキャラクター。

 

ミニオン大脱走のボブの画像

 

ケビン、スチュアート、ボブのモチーフは怪盗グルーシリーズに登場する3姉妹にあたり、ボブは末っ子のアグネスに該当します。

 

ボブは怪盗グルーシリーズにほとんど出てきませんが、2作目の「ミニオン危機一発」のエンディングロールに容姿が変貌した姿で登場。

 

本作品にも登場するか期待されましたが、残念ながら出て来ることはありませんでした。

怪盗グルーのミニオン大脱走のあらすじや登場人物

シリーズ1作目の「月泥棒」で、主人公のグルーは、3姉妹を養女に引き取り家族を作りました。

 

シリーズ2作目の「危機一発」は、悪党稼業から足を洗ったグルーが、悪と戦う超極秘組織「反悪党同盟」にスカウトされ、新たな冒険に駆りだす姿が描かれています。

 

さらに新しい登場人物として、ルーシーや凶悪なイーブルミニオンが登場。

 

3作目の映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、ルーシーと結婚したグルーが、超極秘組織「反悪党同盟」の特別捜査官となるのですが、その前に新キャラで敵のバルタザール・ブラットが現れます。

 

以下は、あらすじの続きです。

1980年代に子役として人気を博した過去の栄光にすがるバルタザールは、犯罪を繰り返し、グルーを反悪党同盟から追い出してしまう。

グルーは妻のルーシーともども反悪党同盟をクビになってしまった。

家族になった三姉妹にも心配される中、見知らぬ男がグルーのもとを訪ねてきた。

グルーにドルーという生き別れになっていた双子の兄弟がいることが判明。

父親から膨大な遺産を相続しているドルーは、父の志を受け継ぎ天下の大悪党になることを夢見ていた。

一方、グルーの相棒ミニオンたちは、反悪党同盟をクビになったグルーが悪の道に戻ってくることを期待していた。

しかし、グルーにその気が無いのを知り、新たなボスを求めて旅に出て街をさまよううち、ひょんなことから逮捕されてしまう……という展開。

 

「怪盗グルーのミニオン大脱走」は、タイトルにもあるように、ミニオンたちが刑務所を脱走する方法がなんとも愉快なのです。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました