萬田久子の息子が逮捕?夫は佐々木力で遺産はどうなった?

萬田久子の画像 エンタメ

☆この記事はこのような人におすすめです。

・女優の萬田久子が結婚しているのかを知りたい。

・息子が逮捕されたというウワサについて知りたい。

・2011年8月9日に亡くなった内縁の夫・佐々木力氏について知りたい。

 

萬田久子は、若い頃から事実婚状態だった内縁の夫がいました。

 

内縁の夫の名前は佐々木力氏で、子供(息子)1人を出産しています。

 

また、2017年に萬田久子の息子が逮捕されたというウワサがあったのですが、一体何があったのでしょうか。

 

当時の報道によると、警視庁東京空港署に逮捕されたのは、芸能事務所「MAD MUSIC」の代表・佐々木現(当時31)。

 

逮捕容疑は、自宅マンションで法律で認められていないモノをかばんの中や冷蔵庫に隠し持っていた疑いだとか。

 

ただ、調べてみたところ、逮捕された佐々木現は、内縁の夫だった佐々木力氏が前妻に産ませた子供。

 

萬田久子が産んだ息子ではありませんでした。

 

そこで今回は、萬田久子の息子や内縁の夫・佐々木力氏についてまとめてみました。

Sponsored Link

萬田久子の息子が逮捕?

萬田久子の息子が逮捕されたというウワサは、冒頭でも触れているようにガセです。

 

萬田久子の実子ではありません。

 

では、逮捕された佐々木現とは一体どんな人物なのか。

 

当時の職業は、芸能事務所「MAD MUSIC」社長。

 

韓国の人気アーティスト「BIG BANG」のプロモーションなどを手掛けていたようです。

 

また、佐々木現は父親の佐々木力氏と暮らした記憶はまったくなく、18歳まで香港で過ごした帰国子女。

 

当時は母と姉2人と香港で暮らしていたということです。

 

そして、佐々木現が日本に来たのは18歳になってからで、大学に通いながら1年間はアパレルブランド「セオリー」の倉庫でアルバイトをして生計を立てていたそうです。

 

ちなみに、この「セオリー」という会社は、1997年にアメリカで設立され、後に萬田久子の内縁の夫だった佐々木力氏がライセンス契約を結んで代表取締役に就いていました。

 

(萬田久子の内縁の夫・佐々木力氏)
萬田久子の夫 佐々木力の画像

 

その後、ユニクロでおなじみの柳井正氏が会長を務める「株式会社ファーストリテイリング」が買収。

 

ファーストリテイリングの完全子会社となったセオリーは「リンク・セオリー・ジャパン」に社名変更すると共に、佐々木力氏は柳井正氏の傘下に入ったのでした。

 

その佐々木力氏を父親に持つ佐々木現は、資産家の息子だからといって援助はしてもらわず、自分自身の人生を自らの手で切り拓いてきたそうです。

 

しかし、その努力とは裏腹に法律違反を犯し、逮捕されてしまったのです。

Sponsored Link

萬田久子の実子と孫

一方、萬田久子と佐々木力氏の間に誕生した息子はというと、大学を卒業してすぐ結婚。

 

当時の息子の年齢は23歳で、相手は8歳年上の元アイドルというウワサです。

 

しかも、デキ婚だったこともあってか、萬田久子は息子の結婚に大反対だったとか。

 

それでも息子は結婚を強行したため、親子の関係に亀裂が生じ、長い間絶縁状態が続いたのだそうです。

 

ただ、最近はというと、萬田久子の方から歩み寄り、息子夫妻と和解成立。

 

現在も独身を貫いて、3人の孫を可愛がる毎日だということです。

 

ちなみに、萬田久子が佐々木力氏の子供を妊娠したのは28歳の時で、翌年に出産。

 

2人が出会ったのは1980年代半ばで、当時、佐々木力氏は別の女性と結婚していたといいます。

 

要するに2人は不倫関係。

 

そんなこともあり、佐々木力氏の子供を妊娠した際は、すべての人から猛反対を受け、一度はおろすことも考えたそうです。

 

それでも萬田久子は、女優の仕事を全部キャンセル。

 

引退まで決意して、ニューヨークに渡り、実子である息子を出産。

 

籍を入れずに未婚のまま、佐々木力氏と息子の3人で生活を始めたのでした。

夫の佐々木力の遺産はどうなった?

萬田久子の内縁の夫・佐々木力氏は1951年生まれの岐阜県出身。

 

父親が国鉄勤め(現JR)ということもあって、堅実な家庭で育ったそうです。

 

なお、大学は私立の神奈川大学出身で、卒業後は繊維商社「タキヒヨー」に入社。

 

26歳で香港のタキトレーディング支店長に就任し、その後「ワールド香港」の取締役を務めています。

 

そして、香港で成功を収めた後、萬田久子と出会って内縁の夫になるわけですが、2011年8月9日にスキルス性胃がんで逝去。

 

その際、佐々木力氏が遺した総資産は200億円。

 

この莫大な遺産の行方に注目が集まったのです。

 

そこで生前の佐々木力氏ですが、子供が5人いたそうです。

 

1人は萬田久子との間に授かった息子。

 

残りは離婚した前妻との間に授かった3人(佐々木現含む)と、萬田久子と事実婚状態にあった時の愛人に産ませた子が1人。

 

この5人の子供たちが法律上、遺産を相続できるのです。

 

一方、内縁の妻で入籍していなかった萬田久子に関しては、遺言がない場合は法的に相続権はなく、遺産を受け取る権利はありません。

 

ちなみに、遺産の配分はというと、萬田久子の息子と愛人の子はともに非嫡出子なので、相続分は嫡出子である前妻の子供たちの半分になります。

 

つまり、前妻の3人の子供たちが4分の1ずつで、萬田久子の息子と愛人の子は、その半分にあたる8分の1ずつになってしまいます。

 

それと遺言が残されていたかは不明ですが、遺産のことについて萬田久子は「結婚していなかったので、私は全く関係ない。子どもたちに遺していたでしょうけど」と説明。

 

1円ももらってないことを告白しています。

 

そんな萬田久子は、佐々木力氏が亡くなってからというもの、月命日には欠かさず前妻の2人の娘たちとともにお墓参りをしているとか。

 

前妻の子供らと付き合いがあることを考えると、逮捕された佐々木現とも付き合いがあった可能性があります。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました