音無美紀子の乳がんステージは?宗教に入信は息子がきっかけ?

音無美紀子と娘の画像 エンタメ

☆この記事はこのような人におすすめです。

・音無美紀子の乳がんステージを知りたい。

・音無美紀子がうつ病を克服した件について知りたい。

・音無美紀子が宗教に入信しているというウワサについて知りたい。

 

女優の音無美紀子(70)は、かつて「爆報!THEフライデー」に出演し、若い頃に患った自身の乳がん、うつの闘病生活について告白しました。

 

これまで大した病気をしたことがなかったという音無美紀子ですが、実は「乳がん」と「うつ病」を患っています。

 

その「乳がん」ですが、37歳のときにステージ1期であるこが発覚。

 

全摘手術をした後に「うつ病」が発症したのです。

 

そんな音無美紀子は、夫である村井国夫との間に2人の子供を出産。

 

長男で息子の健太郎氏に至っては生後、間もなく「難病」にかかっていたことを公表しています。

 

母親の音無美紀子は、息子を難病から救おうと、夫に内緒で新興宗教「統一協会」に入信。

 

以来、脱会するまでの経緯などについては著書『妻の乳房 -「乳がん」と歩いた二人の十六年』で触れています。

 

そこで今回は、音無美紀子が若い頃に体験した息子の難病や、自身が患った「乳がん」。

 

さらに、娘の言葉で「うつ病」を乗り越えたことなどについて、迫ってみようと思います。

Sponsored Link

音無美紀子の乳がんステージは?

音無美紀子は1988年5月、入浴したときに自分の胸を触り、左の乳房に小さなしこりがあるのに気がついたそうです。

 

その後、夫の村井国夫に勧められて精密検査を受けることに。

 

検査の結果は、やはり、「乳がん」でした。

 

音無美紀子は、セカンドオピニオンを友人に勧められて翌日、慶応病院も受診してみたらしいのですが、結果は同じく「乳がん」で、ステージ1期の診断が下ったそうです。

 

そして、音無美紀子は同年8月末、慶応病院に入院。

 

翌9月には、10時間に及ぶ手術を受けることになったのです。

 

手術は左の乳房と胸の筋肉や脇の下のリンパ節まで切除する全摘手術。

 

乳がんステージ1期という早期発見のため、温存手術を諦めきれない気持ちもあったらしいのですが、再発の危険性をできる限り排除するために全摘手術の決断をしました。

 

音無美紀子は、自身が「乳がん」になった際、夫・村井国夫から「病気になってくれてありがとう。君の看病する中で人に優しくすることを知った。そうでなければもっと傲慢に生きて、人への優しさを知らないままだったかもしれない。君が病気になったおかげ、ありがとう」との言葉をもらったといいます。

Sponsored Link

音無美紀子が娘の言葉でうつ病を克服

乳がんで入院していた音無美紀子は、退院後、子育てや家事が思うように運ばなくなったといいます。

 

仕事も家庭も完璧に両立させたかった音無美紀子でしたが、家にふさぎ込みがちになり、うつ状態に。

 

家には当時、小学校1年生に上がったばかりの娘と、まだ少ししかしゃべれない息子がいて、その子たちの面倒を見るのも楽しくない状況だったといいます。

 

そんな音無美紀子は、「この子たちの将来を考えてあげることもできない自分は母親失格」と落ち込んだりしていると、娘に「ママって笑わない。ママが笑った顔が見たい。ママが笑うとかわいいのに」ということを、ぽつっと言われたそうです。

 

その一言で、笑っていない自分に気づいたという音無美紀子は、娘の「ママの笑った顔が見たい」という言葉や、家族の支えで少しずつうつを克服していったそうです。

 

そして、最近の音無美紀子はというと、乳がん検診の受診などを呼びかけるピンクリボン運動などに協力しているといいます。

音無美紀子が宗教に入信したのは息子の難病がきっかけ

音無美紀子は、俳優の村井国夫と1976年に結婚。

 

1982年に娘・麻友美を産み、3年後に息子・健太郎を出産しました。

 

若い頃の音無美紀子の夢は「宝塚歌劇のスター」になることだったといい、都内の中学を卒業して、宝塚音楽学校に入ろうとしましたが、親に反対され一般高校へ進学。

 

しかし、夢は諦められず、たまたま新人を募集していた「児童劇団若草」が、学校へ行きながらでも演技の勉強ができるというので通うこととなります。

 

その後、音無美紀子は宝ジェンヌになることを諦め芸能界の女優でデビュー。

 

夫の村井国夫とはデビュー作「お登勢」で一緒になったのが知り合うきっかけだったといいます。

 

結婚もして2人の子供を授かり、順風満帆な生活を送っていた音無美紀子でしたが、2人目の子供の息子に生後ほどなく難病にかかるという不運に遭遇。

 

当初、息子の健太郎氏は健康体で生まれ、すくすくと問題なく育っていたそうですが、生後10カ月ぐらいの検診に行ったとき、脳波に異常があることが発覚したといいます。

 

息子は、ひと月ぐらいの入院を余儀なくされたそうですが、なかなか思うような病状の回復がみられず、医師から「難しい病気」だと宣告されてしまったのです。

 

そんなとき、音無美紀子は新興宗教「統一協会」の存在を知り、夫に内緒で入信。

 

そのときの心境を「神につながれば息子の病気は治るという。神に近づける道があると聞いたとき、私は飛びついたのだった。」と宗教に入信した理由を自身の著書でつづっています。

 

難病の息子の方はというと、これまでの病院を転院。

 

その後は宗教に関係なく奇跡的に回復に向かったといい、今ではきっかけとなった「統一協会」を脱会しているということです。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました