吉田純子の子供(娘)の名前と年齢は?高級マンションの場所はどこ?

看護婦の画像 社会

1998年から犯行が繰り返された「久留米看護師連続保険金殺人事件」は、元看護師4人組による保険金連続殺人事件。

 

主犯格の吉田純子(当時39歳)は、同じ看護学校で知り合った3人の共犯者たちと、夫を殺害する計画を立てたのです。

 

そして、殺されたのは、この4人の内の2人の夫でした。

 

一連の犯行で、吉田純子が手にした金額は2億円超。

 

最終的には、共犯者の1人である石井ヒト美の自首によって、2002年に発覚。

 

犯罪史上類を見ない残虐な事件となったのです。

 

そこで今回は、事件の犯人で、唯一、死刑執行された吉田純子の子供(娘)の名前や年齢。

 

4人が逮捕されるまで住んでいた、久留米の高級マンションの場所などについてまとめてみました。

Sponsored Link

吉田純子の子供(娘)の名前と年齢

「久留米看護師連続保険金殺人事件」の犯人、吉田純子死刑囚・堤美由紀受刑者・石井ヒト美受刑者・池上和子受刑者は、久留米にある聖マリア学院看護専門学校(現・聖マリア学院短期大学)の同級生でした。

 

4人は、看護専門学校卒業後、再会。

 

そこからは、吉田純子死刑囚の洗脳によって、事件が次々と起きるのです。

 

(犯人の画像、上段左・吉田純子、右・石井ヒト美)
吉田純子 堤美由紀 石井ヒト美 池上和子の画像
(下段左・堤美由紀、右・池上和子)

 

また、あまりにも有名なことから、この事件を元にしたドラマ「黒い看護婦」が制作されました。

 

そして、吉田純子死刑囚ですが、この事件で自分の夫は殺していません。

 

吉田純子死刑囚は夫と別居中で、子供(娘)3人と暮らしていたのです。

 

ちなみに、夫は自衛官で名前は、吉田浩次。

 

昭和28年2月13日生まれなので、現在71歳になります。

 

一方、3人の子供(娘)の名前はというと、上から吉田紀子、吉田エリ、吉田さやか。

 

年齢は、長女の紀子が昭和58年1月生まれの、現在36歳。

 

次女のエリが昭和62年10月生まれの、現在31歳。

 

三女のさやかが平成元年12月生まれの、現在29歳。

 

娘3人は、今ごろ結婚でもして、普通にどこかで暮らしていることでしょう。

Sponsored Link

吉田純子らが住んでいた高級マンションの場所

事件が発覚するまでの吉田純子死刑囚は、他の3人を同じ高級マンションに住まわせ、外部からの接触を一切断ち、洗脳していました。

 

当時、住んでいた高級マンションの場所は、福岡県久留米市野中町1135。

 

マンションは9階建てで、名前は「サングレート野中2」です。

 

そのマンションを吉田純子死刑囚は、別居していた夫の相続財産を担保にした上、夫にローンを組ませて購入。

 

最上階にある4LDKの903号室に、子供と住んでいたのです。

 

また、他の3人はというと、堤美由紀受刑者が3LDKの405号室。

 

石井ヒト美受刑者が3LDKの306号室。

 

池上和子受刑者が3LDKの102号室。

 

ただし、吉田純子死刑囚は、堤美由紀受刑者と同居して、同性愛の相手をさせていたのです。

 

後に分かったことですが、吉田純子死刑囚は、ものすごく性欲の強い女だったとか。

 

夫と別居してるため、小中学校からの同級生で、一番の親友である堤美由紀受刑者とレズビアンな関係を保ち、挙句の果てに「私妊娠した」と言い出したそうです。

 

それを堤美由紀受刑者は、洗脳されていたためか、なぜか信じたのだといいます。

吉田純子の出身校

吉田純子死刑囚は、福岡県山門郡三橋町出身で、旧姓は井口。

 

父親は井口軍造、母親は井口瑞江という名前です。

 

出身校は、柳河小学校、柳河中学校、私立佐賀女子高校衛生看護科、聖マリア学院看護専門学校。

 

堤美由紀受刑者は、柳河小学校、柳河中学校、福岡県立大川高校普通科、聖マリア学院看護専門学校。

 

石井ヒト美受刑者は、福岡県立大川高校普通科、聖マリア学院看護専門学校。

 

池上和子受刑者の出身校は、聖マリア学院看護専門学校だとしか分かっていません。

久留米看護師連続保険金殺人事件の判決

久留米看護師連続保険金殺人事件で最初に亡くなったのは、池上和子受刑者の夫でした。

 

殺害方法は、酒に睡眠薬を混ぜて飲ませ、夜中に寝ているところを4人組が侵入してきて、足の静脈に空気を打ち込む。

 

そして、頃合いを見計らって119番して救急車を呼び、病院で死亡を確認させるのです。

 

これは、殺害を気付かれないよう、病院で亡くなるように計算して行われた犯行。

 

吉田純子死刑囚らは、最初の犯行で、保険金3500万円を手にしたのです。

 

さらに翌年、今度は共犯者である石井ヒト美受刑者の夫を、急性アルコール中毒に見せかけ殺害。

 

再び、保険金3200万円をだまし取ったのですが、その保険金を手にしていたのは、主犯格の吉田純子死刑囚でした。

 

吉田純子死刑囚が保険金を独り占めしていたのです。

 

ちなみに、この吉田純子死刑囚という人物は、ほかの3人を従えるために、いろんな手口を使って率いていました。

 

例えば、”ある先生”という架空の存在を作り上げていたわけです。

 

その人は皇族につながる人で、警察庁にも顔が利いて、暴力団も操れて日本を動かしてる人なんだと。

 

そして、その先生が調べた結果、「あなたの旦那は浮気していて、おかしい。」などと言って信じ込ませる。

 

いわば、軽い洗脳状態におとし入れていたのです。

 

なので、ほかの3人からは「吉田様」と呼ばせて、奴隷のように扱っていく。

 

結果的に、先生の存在をでっち上げるなどして、池上和子受刑者らに、自ら夫の殺害を決意させたということです。

 

しかし、そんな狂った関係も、石井ヒト美受刑者が自首したことにより、一連の事件が発覚。

 

そして、2004年に行われた一審判決で、吉田純子に死刑、堤美由紀に無期懲役、石井ヒト美に懲役17年の判決が下ったのです。

 

もう1人の池上和子に関しては、一審判決前の2004年9月1日、福岡拘置所にて子宮ガンのため病死。(享年43)

 

また、3人は判決を不服として控訴しましたが、それぞれ棄却され、堤美由紀、石井ヒト美の刑が確定。

 

吉田純子については、2010年、最高裁で死刑が確定し、2016年3月25日に死刑執行されたのでした。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました