伊藤素子と南敏之の現在と生い立ち 高校は?三和銀行事件

伊藤素子の画像事件

☆この記事はこのような人におすすめです。

・三和銀行オンライン詐欺事件の犯人、伊藤素子(いとう もとこ)と南敏之(みなみ としゆき)の現在を知りたい。

・伊藤素子と南敏之の生い立ちについて知りたい。

・伊藤素子の出身高校を知りたい。

 

1981年3月25日に発生した「三和銀行オンライン詐欺事件」。

 

逮捕された伊藤素子と南敏之は、現在どこで生活しているのでしょうか?

 

少し調べてみたところ、伊藤素子に関しては滋賀県に住んでいる可能性があるようです。

 

そんな伊藤素子は1948年生まれの京都府出身。

 

父親が高校教師、母親が華道の先生をしていたこともあり、しつけの厳しい家庭で育っています。

 

両親に溺愛され、恵まれた生い立ち。

 

幼少期からおとなしい性格なのに、なぜ横領に手を染めてしまったのか。

 

そこで今回は、「三和銀行オンライン詐欺事件」について振り返ってみようと思います。

Sponsored Link

伊藤素子と南敏之の現在

ひと昔にあった日本の三大銀行巨額横領事件といえば、1973年「滋賀銀行9億円横領事件」、1975年「足利銀行2億円横領事件」、1981年「三和銀行オンライン詐欺事件」です。

 

これらの事件は金額は違えど、どれも女性銀行員が男に貢ぐケース。

 

またモデルになっているとされる小説には、松本清張の「黒革の手帳」や角田光代の「紙の月」があり、映画、ドラマ化されています。

 

そして、1981年に発生した「三和銀行オンライン詐欺事件」も三和銀行茨木支店の行員だった伊藤素子が、好きな男・南敏之の為に1億8千万円横領するというものでした。

 

なお、大金を横領した伊藤素子は、その後フィリピン・マニラに逃亡。

 

しかし、国際指名手配された3日後の9月8日、マニラ入国管理局に身柄を拘束され、日本へ送還される機内で逮捕されています。

 

一方、大金を受け取った南敏之はというと、伊藤素子を裏切って日本に残り家族と豪遊。

 

けれども、同じく9月8日、逮捕されています。

 

結局、その後の裁判では伊藤素子に懲役2年6ヶ月。

 

南敏之には懲役5年の判決が言い渡され、そのまま刑が確定。

 

2人共服役に入ることになるのですが、伊藤素子は模範囚だったため、2年で刑務所から仮釈放されています。

 

そんな伊藤素子の現在はというと、当時が32歳だったので、存命なら73歳。

 

南敏之は当時が35歳だったので、存命なら現在76歳になっています。(南敏之は出所後、姓を村上に改名)

 

また、聞くところによると、伊藤素子は出所後、大阪にある本屋に就職。

 

その後、41歳で広告代理店の男性と結婚したということです。

 

現在は社長夫人になり、滋賀県のマンションで暮らしているという話もありますが、マスコミも行方を掴めてないようです。

Sponsored Link

伊藤素子と南敏之の生い立ち

伊藤素子の生い立ちですが、生まれたのは1948年11月18日。

 

実家は京都府向日市で、父親が高校教師、母親が華道家だったそうです。

 

また、兄弟に関しては兄1人、姉3人がいたといいます。

 

そんな家族構成の中で育った伊藤素子は若い頃から美人で物静かな性格。

 

友達と一緒に外で遊ぶよりも、家の中で本を読んで静かに過ごすような子供だったようです。

 

しかもおとなしい性格が仇となり、知らない人と話をする時は緊張で体が震えるほどだったということです。

 

一方、南敏之の生い立ちについてはあまり触れられていません。

 

南敏之の画像

 

分かっていることとしては、シンガーソングライター・みなみらんぼうの従兄弟ということ。

 

年齢が伊藤素子より3歳上なので1945年生まれ。

 

1970年3月に立正大学を卒業後、東急観光株式会社に入社しています。

 

そして1972年に寺院の娘と結婚し、1974年末に東急観光株式会社を退社。

 

その後、妻の実家が所有する大阪府茨木市内の霊苑の管理事務所の専務取締役に就任。

 

1975年からは友人に依頼され、フィリピン・マニラ市にある「エアーアンドカーゴトラベルコーポレーション」という旅行案内業を引継ぎ経営。

 

さらに政治家の秘書もやっていたようです。

伊藤素子の高校

伊藤素子の出身高校は京都市西京区にある明徳商業高校(現・京都明徳高校)。

 

卒業生には漫才師の今いくよ・くるよさんがいます。

 

そして1967年に明徳商業高校を卒業した後、三和銀行茨木支店に就職。

 

当時の伊藤素子は、目鼻立ちのはっきりした美人だったので男性からモテていたとか。

 

ただ奥手な性格もあって、滅多に男性と遊ぶことはなかったといいます。

 

それに加え伊藤素子は男性にある条件を求めていたようです。

 

その条件はルックスです。

 

伊藤素子は相当な面食いだったらしく、舞い込んでくる縁談には見向きもしなかったとか。

 

しかし20歳の頃に1人の男性と出会いを果たします。

 

当時その男性は29歳。

 

伊藤素子が勤務する三和銀行茨木支店に出入りするサラリーマンでした。

 

しかも、この男性はかなりのイケメンで好みのタイプ。

 

妻子がいたのですが、やがって男女の関係になってしまったのです。

 

結局、伊藤素子はサラリーマンとの関係を12年間継続。

 

その間、男からの「妻とは必ず離婚するから俺を信じて待っていてくれ」という言葉を信じていたといいます。

 

また不倫関係中、男の子供を身ごもり、中絶したこともあったとか。

 

それでも伊藤素子は夫になるはずの男を待ち続けていたのですが、男はというと、妻と別れることをしなかったのです。

 

こうして男に裏切り続けられる中、32歳になった伊藤素子の前に新たな男性が出現。

 

それが南敏之で、伊藤素子は後に「好きな人のためにやりました」という言葉を残しています。

 

※日本の三大銀行巨額横領事件

大竹章子(足利銀行横領事件)と阿部誠行の現在と生い立ちは?

滋賀銀行9億円横領事件 山県元次のその後と奥村彰子の現在は?

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました