下村まなみちゃんの犯人を霊視?居場所は特定ならず?

下村まなみちゃんの画像事件

2009年7月24日に岐阜・郡上市で発生した女児失踪事件。

 

行方不明になっているのは当時、愛知県常滑市・常滑西小学校5年生だった下村まなみちゃんです。

 

この事件は「現代の神隠し!?」と報じられ、発生から13年経とうとする現在も、発見につながる手掛かりは得られていません。

 

また、過去には下村まなみちゃんの失踪事件を「最強FBI緊急捜査!日本未解決事件完全プロファイル」という番組でも特集。

 

FIND ME代表が世界最高峰の捜索犬K-9を引き連れて緊急来日し、下村まなみちゃん発見の手掛かりを追ったこともあったのです。

 

ちなみにFIND MEの行方不明者発見率は50%だとか。

 

そのFIND ME代表が行方不明になった現場の状況を確認するなどして、捜査を始動。

 

下村まなみちゃんがダウン症である点に目を向け、迷子説が85%、誘拐説が15%という見解を述べたのです。

 

その後、犯罪・臨床心理学者に連絡を取り、見解を求めると、心理学者は「誘拐事件」と判断。

 

そこでFIND ME代表は、最後の目撃者である校長から当時の状況を詳しく聞き取り。

 

続いて透視能力者による霊視捜査を始動させたのです。

 

なお、当時はネット上で「校長の犯人説」が取り沙汰されていましたが、霊視では別に犯人がいることを示唆。

 

よって、透視能力者は霊視で視えた下村まなみちゃんの居場所を捜索。

 

ついにその場所を見つけることに成功したのですが、FIND ME代表は一度帰国し、K‐9と再来日するということで番組が終了したのです。

 

そこで今回は、当時の番組でおこなわれた下村まなみちゃんの霊視結果について、少しだけまとめてみました。

Sponsored Link

下村まなみちゃん失踪事件を霊視

下村まなみちゃん失踪事件が起きたのは、2009年7月23日から2泊3日にかけておこなわれた課外活動の2日目。

 

岐阜県奥美濃にある「ひるがの高原キャンプ場」に、愛知県常滑市・常滑西小学校5年生の児童85人が訪れていました。

 

ひるがの高原キャンプ場の画像

 

そして当日の早朝、約1キロにわたる遊歩道を、児童たちはその日の夜に行われる肝だめしの下見として、ぞろぞろ歩いていたといいます。

 

下村まなみちゃんは4人1組のグループ。

 

まばらな列の後方で見守っていた校長も、直前に「頑張れ」、「大丈夫か」と下村まなみちゃんに声をかけていたそうです。

 

その後、校長がコースの突き当りまで先に行って児童を待っていると、下村まなみちゃんは一緒にいた3人から遅れて到着。

 

この直後、わずか4分で姿が消えてしまったのです。

 

行方不明になった日の下村まなみちゃんの行動はざっとこんな感じです。

 

そしてこの事件をテレビ番組で特集。

 

FIND ME代表が捜索犬K-9を引き連れて来日し、下村まなみちゃん発見の手掛かりを追ったのです。

 

まずFIND ME代表が上空から現場を確認。

 

続いて行方不明現場の検証を行い、母親から下村まなみちゃんの行動パターンなどを尋ねたのです。

 

するとFIND ME代表は母親が言った「まなみは怖がり」という点に注目し、翌朝になって犯罪・臨床心理学者に連絡。

 

心理学博士は2015年にアイルランド・ダブリンで発生したダウン症の6歳男児が誘拐された事件を例に上げ、「知らない人とすぐ人間関係を築いてしまうことはある」と指摘。

 

「今回も誘拐が最も起こりうる可能性がある」との見解を示したのです。

 

続いて透視能力者が霊視捜査を始動。

 

あの日何があったのか真実に迫り、透視能力者は「下村まなみちゃんは誘拐された」との霊視結果を報告します。

 

また、下村まなみちゃんを思い浮かべると「風船が見える」と発言。

 

その後、下村まなみちゃんの家を訪ね、お気に入りの洋服を受け取り、まなみちゃんの魂とコンタクトを取ったのです。

 

以上のことから、FIND ME代表は「誘拐の可能性が高い」と結論付けたわけです。

Sponsored Link

下村まなみちゃん失踪事件の犯人は校長?

下村まなみちゃんは、校長が見送ってからわずか4分程度で行方不明になっています。

 

教師たちが手分けして探し、昼には警察ら150人体制で捜索したものの、いまだ発見に至っていません。

 

ちなみに、行方不明になった現場はというと、左側は急斜面の森林。

 

右側は幅1メートル程度で足首ほどの深さの小川が流れています。

 

不審人物や車両の目撃もなく、隠れるような物陰もない。

 

それこそ最初は「どこかに空洞があるのでは?」と洞穴研究家に参加要請もしたそうです。

 

また2012年には、キャンプ場近くの池の水を全て抜き、3年分の堆積した土を掘り起こすという大捜索も決行。

 

それでも発見につながる手掛かりなし。

 

事故なのか?それとも事件なのか?

 

もし事件に巻き込まれてしまったのなら、犯人は一体誰なのか?

 

様々な説が囁かれる中、「最後の目撃者の校長が犯人なのでは?」との憶測がネット上で流れたこともあったのですが、霊視では学校関係者の関りを否定しています。

 

他にも「クマに襲われたのでは?」という説もあるのですが、警察の捜索で衣服や靴などが発見されていないことから、可能性は極めて低い。

 

結局、霊視では犯人の特徴をつかむことは出来ませんでしたが、誘拐の可能性が濃厚のようです。

下村まなみちゃんの居場所を特定?

番組内の話ですが、FIND ME代表が捜索犬K-9を連れて、透視能力者が見た下村まなみちゃんの居場所を捜索したことがあります。

 

その時は、ついに発見につながる目印を見つけ出すことに成功。

 

しかし、残念ながらその後の展開を放送することはありませんでした。

 

捜索犬K-9の画像

 

要するに、最初から居場所を特定することなど不可能に近い話で、ほんとうに透視や霊視ができるのかにも疑問が残ります。

 

その証拠に何か手掛かりを見つければ、必ずニュースになるはず。

 

だから透視や霊視を信じない人が多いのです。

 

それにしても、下村まなみちゃんの行方が分からなくなったのが誘拐事件だったとすれば、犯人は一体誰なのか?

 

誰にも見られないように小学5年生の女児を連れ去ることが可能なのか?

 

この失踪には多くの疑問が残っています。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました